特定非営利活動法人(NPO)は、「特定非営利活動促進法」に基づき認可が行われ、毎年500法人のペースで増加しています。
NPOは、21世紀の市民参加型コミュニティ組織として、保健・医療・福祉をはじめさまざまな分野で活躍が期待されています。
しかし、最近市民を巻き込む問題NPOが後を絶たないため、問題NPOを排除し、補助金など活動支援を受けているNPOの事業活動と組織運営の適正化を図るための解決策が必要とされています。
「NPO第三者評価」は、その解決策の一つとして、NPOに関する組織運営、事業運営、事業品質などの客観的評価情報を公表し、NPO活動の透明性の確保と支援者からの信頼感の醸成をめざすものです。


 
copyright Japan Association for Knowledge Management. All rights reserved